クオリティークオーツ(親水性)ボディーコーティング 親水タイプ

クオリティクオーツは、水を味方にするシリカコーティングです。シリカガラスの硬さと親水性により汚れをプロテクト

クオリティクオーツとは

「パーヒドロポリシラザンPerhydro-polysilazane」という独自物質が、大気中の水分と反応してシリカガラスに転化することを利用しています。クオリティクオーツは主成分パーヒドロポリシラザン(常温・低温焼成分タイプ)により構成されています。形成された膜は無公害の無機質なシリカガラスです。焼却されても、埋められても(金属とともに)溶解されても問題ありません。また、防汚機能により洗剤やワックスなどの石油化学製品や水の使用量を削減することにつながります。21世紀の新しいコーティングとして期待されています。

クオリティクオーツ(無機ポリシラザン)は、硬化後にシリカ(SiO2=ガラス)に転化する、唯一のガラスコーティングです。

クオリティクオーツのメカニズム

スプレーガンでの吹き付け塗装工法なので、細部にもコーティングされ、一度コーティングすれば面倒なWAXがけは不要です。膜厚0.5ミクロン程のガラス被膜は割れたり、剥離せずプラスチックや樹脂、ゴムやメッキなどあらゆるパーツを守ります。オールラウンドコーティングなので車をまるごとコーティングする事が可能です。

クオリティクオーツのメカニズム図

クオリティクオーツの性能

クオリティクオーツを応用したシリカコーティングの歴史は、80年代から研究の備蓄によるものです。これまで国内外の特許約150件を出願、70件を取得し1991年に科学技術長官賞、1991年には第45回大河内記念生産賞に輝いています。

クオリティークオーツ(撥水性)ボディーコーティング 撥水タイプ

クオリティークオーツ撥水性

ハイテクノロジーの頂点

最先端コーティング樹脂「有機ポリシラザン」クオリティークオーツは、
化学メーカーと共同開発によって製品化された最新な超撥水性コーティング剤です。

いままで困難であった無機と有機を結合させた化学反応型ポリシラザンコーティングは、
いままでにない特徴を兼ね備えた優れた最先端材料でもあります。

ハイテクノロジーの頂点

「クオリティークオーツ」は無機タイプの硬度及び耐候性と有機タイプの膜厚及び光沢性を兼ね備え、ハイブリットタイプでは不可能だった超撥水性をもったハイクオリティーな製品に進化した製品です。

クオリティークオーツはsi‐Nの骨格にメチル基CH3有します。
これらが超撥水と膜厚・光沢・耐久性を大幅に向上しました。

オールラウンドにコーティングが可能です。

クオリティークオーツと一般的なコーティングとの違い

「クオリティークオーツ」は一般的なコーティング剤とは違い、膜厚を向上し、なおかつメチル基の比率を向上しているため塗装表面の微細なキズ・塗膜肌の凹凸をうめて平坦な表面を形成してますので水滴がころがりやすく流動性があるため防汚効果に優れています。

一般的なコーティング剤は塗膜の凹凸に汚れが溜まりやすく、撥水機能を保つためのMe(メチルシロキサン樹脂)が長期的に維持安定しずらいです。

他社撥水コーティング剤との比較


施工した右半分はブレーキダストの付着が少ない。

撥水試験

吸水性の高いファイバークロスに施工して飲料水をこぼしてみました。

クオリティークオーツの特徴

  • 1液により1コートが可能で安定して塗布しやすい。
  • 濃度(ポリシラザン含有量5%)でより光沢が得られる。
  • ケイ素とメチル基の融合により持続性(耐久性)を向上
  • 超撥水性のために雨染みができにくい。
    軽度な雨染みは水洗いで落ちてしまいます。
  • 一般的な製品とことなり膜厚を得られます。
    (~1μ程度まで)
  • 無機(ケイ素)を結合してますので硬度も保持(4H~6H)
  • オールラウンドで施工が可能です。
    (自動車ガラス・樹脂製品・ヘッドライト・アルミホイル等)
  • 撥油性にも優れており、落書き防止・防汚にも適してます。
  • 耐食性・腐食性にも優れています。
  • 保護剤(メンテナンス剤)で長期持続性が可能

GPコートADVANCEウィンドガラスコーティング

撥水性とは違う新世代のガラスコーティングシステムです。自動車運転時の安全性を保つクリアーな視界を確保できます。運転に大切な事…それは安全な視界です。 GPコートはここが違う

GPコートのガラス表面一般の撥水剤のガラス表面

T-Shield【光触媒(車内抗菌処理)】車内の抗菌・脱臭・防汚

調高輝度メタリック・メッキ調システム METALSTAR

調高輝度メタリック・メッキ調システム METALSTAR

通常のメタリック塗装とは、外観の違いがあります。

一般メタリックの場合アルミ顔料の粒子感があり一目でメタリック塗料とわかりますがメタルスターの場合通常メタリックと比較して粒子感がわかりにくく、アルミ顔料自体の輝度(輝き)が高く箔っぽい外観を作ることが可能です。

使用しているアルミ顔料が従来のアルミ顔料に比べ断面の厚みが約1/10(0.03μ~0.05μ)と非常に薄くフィルム状の為、アルミ顔料が平滑に並ぶと箔の状態に近くなります。

これが最大の特徴です。

システムの主な特徴
  • 素材表面に光線反射特製、電気伝導性の他、抗菌性、防錆性などの効果を付与する事ができます。
  • 蒸着メッキより耐久性は高くトップコートにクリアー塗料を塗布する事で耐久性を向上する事が可能です。
  • ダイレクトミキシングガンによる施工でムラのない美しい塗装が可能です。

MFS銀鏡塗装システムは車両関連・スポーツ用品・店舗用装飾品などに主に採用されております。

MFS銀鏡塗装システムは車両関連・スポーツ用品・店舗用装飾品などに主に採用されております。

  • メッキ調塗装とは違い装飾メッキに分類される銀鏡塗装です。
  • 蒸着メッキより耐久性は高く、トップコートに自動車用のクリアー塗料を塗布する事で耐久性を向上する事が可能です。
  • また専業工場では銀を回収し再利用する事でゴミが出ないゼロエミッションを実現しております。

ページのトップへ

ホーム:カードック